×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

芥川賞 と 直木賞 の違い

芥川賞、直木賞というが、正式には芥川龍之介賞、直木三十五賞という。
どちらも文藝春秋社社長の菊池寛によって1935年に創設され、それぞれ年2回選考される。
現在では日本文学振興会により運営されている。

芥川賞は純文学の新人に、直木賞は無名〜中堅作家の大衆小説作品に与えられる。
芥川賞は人に対して、直木賞は作品に対して与えられるのだ。

芥川賞直木賞
創立者菊池寛
創立年1935年
運営日本文学振興会
作品ジャンル純文学大衆小説作品
受賞対象作品の作者作品そのもの
作品の長さ短編〜中編短編〜長編
主な受賞者
(受賞作品)
石原慎太郎
村上龍
又吉直樹
東野圭吾『容疑者Xの献身』
池井戸潤『下町ロケット』
賞金100万円(副賞)正賞は懐中時計
選考会場東京都中央区築地の料亭「新喜楽」

現在までのところ、芥川賞と直木賞の両方の受賞者は一人もいない。
また、芥川賞と直木賞でどちらが格上ということもない。


スポンサードリンク

このページのTOPへ