×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エベレスト と チョモランマ の違い

エベレストは世界で最も高い山だ。
エベレストはチベット自治区とネパールの双方にまたがる。

チベットではエベレストをチョモランマ、ネパールではサガルマータと呼ぶ。
チョモランマは「大地の女神」、サガルマータは「世界の頂上」という意味だ。

エベレストの名はインド測量局長官であったジョージ・エベレストに由来する。

ヒマラヤは巨大な山脈で、エベレストはヒマラヤ山脈を構成する峰の一つである。
ヒマラヤには、エベレストを含めて標高8000メートルを超える峰が14ある。


スポンサードリンク

このページのTOPへ