×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

先祖 と 祖先 の違い

祖先は、ある人や家の先代以前の人を意味し、先祖は家系や血統の初代を示す言葉である。
先祖が具体的であるのに対し、祖先は抽象的だ。
「ご先祖様」とは言うが、「ご祖先様」とは言わない。

先祖

先祖はより個人的・限定的である。
"先祖伝来の土地"と言えば、そのファミリーで代々受け継がれてきた土地のことを示している。

祖先

祖先は社会的で広範囲である。
"人類の祖先"のように個人を超えたレベルの話で使用する。


スポンサードリンク

このページのTOPへ