×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国宝 と 重要文化財 の違い

国宝も重要文化財も文化財保護法に基づき国が指定する。
重要文化財の中でグレードの高いものが国宝だ。
文化庁のサイトで調べると、重要文化財のなかで8.4%が国宝であった。

重要文化財

重要文化財は、日本にある建造物・美術品・工芸品のなかで、文化史的にも学術的にも重要性の高いものが指定される。
文化庁のサイトによると、平成28年1月1日現在で重要文化財は13,049件が登録されている。

国宝

重要文化財の中で、さらに際立って重要なものが国宝となる。
文化庁のサイトによると、平成28年1月1日現在で国宝は1,096件が登録されている。
重要文化財の中で国宝の比率は8.4%であった。


スポンサードリンク

このページのTOPへ