×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一生懸命 と 一所懸命 の違い

かつて、武士は主君から賜った"一か所"の土地を"命を懸けて"守った。
一所に命を懸けるので、このこととで一所懸命と表現した。

「一所懸命」はやがて「ものごとを真剣に行う」という意味にも使用されるようになり、文字も「一生懸命」に変化した。

現代では「一生懸命」と「一所懸命」はどちらも見かけるし、意味も同じだ。
両方を見出し語としている辞書も多い。

どちらを使用しても誤りではないが、放送や新聞は「一生懸命」に統一しているようだ。


スポンサードリンク

このページのTOPへ