×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蓮 と レンコン の違い

(ハス)は多年性水生植物である。

蓮は植物の名であり、蓮の根(地下茎)をレンコンという。
"蓮"の"根"だから蓮根(レンコン)なのだ。

なお、ハスの花を蓮華(レンゲ)と呼ぶ。

レンコンは根部分のみを、レンゲは花の部分のみを表し、ハスは植物全体を意味している。

レンコンには10個程度のがあいている。
この孔から先が見通せることから、レンコンは縁起物とされている。


スポンサードリンク

このページのTOPへ