×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

保健師 と 看護師 の違い

看護師の役割は、病気になった人(ケガをした人)の状態が改善するように、治療の補助をすることだ。
これに対し、保健師は健康な人が健康を維持または向上できるように、指導や助言をすることが役割である。

健康な人と関わるのが保健師で、患者と関わるのが看護師と考えてもいいだろう。
このため看護師の多くは病院等の医療施設を活躍の場とし、保健師は保健所等の予防のための施設で働くことが多いようだ。

看護師も保健師も国家資格である。
看護師になるためには看護師免許が必要だ。
保健師になるには、まず看護師免許を取得し、さらに保健師国家試験をパスしなくてはならない。

だから保健師は看護師の仕事をすることもできるのだ。

スポンサーリンク

このページのTOPへ