×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドライアイス と 氷 の違い

水を0度以下に冷やして固体にしたものがである。
これに対し、ドライアイスは二酸化炭素をマイナス約80度以下に冷やして固体にしたものだ。

氷を溶かすと液体(水)になるが、ドライアイスは液体ではなく気体(二酸化炭素)に変化する。
このように固体から直接気体になる現象を昇華という。

なお、ドライアイスが気化すると、体積は約750倍になる。
このため、容器に密封すると破裂する。

また、凍傷を起こすので、ドライアイスに直接触れてはならない。

食品を持ち帰るときに、保冷材としてドライアイスが利用される場合がある。
これらドライアイスを処分するときは、風通しのよい場所を選んで放置し気化させればよい。
二酸化炭素が充満すると酸欠になるので、密閉された場所での処分は危険である。


スポンサーリンク

このページのTOPへ