×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

塩酸 と 塩化水素 の違い

塩化水素

塩化水素とは、1個の水素原子Hと1個の塩素原子が結合してできた物質のことである。
常温では気体で、化学式はHClとなる。

塩酸

塩化水素は水に溶かすことができる。 この塩化水素の水溶液は酸性を示すことから、塩酸と呼ばれている。

塩酸の化学式をHClとする場合もあるが、こえは便宜上の話だ。
塩酸は水溶液なので、厳密にはことなる。

スポンサーリンク

このページのTOPへ