×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

栄養 と カロリー の違い

栄養は身体を形作るための材料、カロリーは身体を動かすための熱量のことである。

栄養

栄養には多くの種類がある。
その中でメインとなるのがたんぱく質、炭水化物、脂質の三大栄養素である。
これにビタミン、ミネラルが加わると五大栄養素となる。

カロリー

100グラムの水の温度を10度上昇させるには、1000カロリー(cal)の熱量が必要である。
水の温度を上昇させるために、ガスコンロや電気ポッドを利用するが、これは水に熱を与えているのだ。

人間が身体を動かすにも熱が必要だ。 一般的な成人の場合、一日あたり1800kcal〜2500kcalくらいの熱量が必要となる。
人間はこれを食事を通して取り入れている。

一日に必要以上のカロリーが体内に入ってきても使うことはできない。
あまったカロリーは、脂肪となって体内に蓄積される。

スポンサーリンク

このページのTOPへ