×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

有機化合物 と 無機化合物 の違い

炭素を主成分とする化合物を有機化合物という。
炭素に加えて水素、酸素を多く含むが、窒素、硫黄、リンが含まれる物質もある。

有機化合物以外の化合物が無機化合物だ。

「有機」には「生物・生命」の意味がある。
元々、生物の体内で生命活動によって生成される化合物だと思われていたため、有機化合物という名前が付いた。

これに対して、鉱物など非生命の物質から得られる化合物が無機化合物だと考えられた。

1828年にフリードリヒ・ヴェーラーが尿素の合成に成功し、それ以後、生命体ではなく実験室で有機化合物が合成される例が相次いだ。

有機化合物の成分となる元素の種類は少ないが、化合物の種類は無機化合物に比較して圧倒的に多い。

スポンサーリンク

このページのTOPへ