×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

守護大名 と 戦国大名 の違い

守護大名

室町幕府は、全国を支配するために守護を任命し、各地に派遣した。
守護は任地を統治していたが、領有していたのではないし、守護の配下で働く役人も、守護の家臣ではなかった。

やがて、室町幕府の権威が失墜し、影響力が低下すると、守護は立場を利用して家臣を得、実力で任地を領有した。
これが、守護大名だ。

戦国大名

守護の地位を利用して誕生したのが守護大名だが、出自によらず、実力で領域を支配していた有力者が戦国大名である。

守護大名が力を強め戦国大名になったケースや、守護の家臣だった者が、実力で守護を圧倒して戦国大名になったケースもある。

スポンサーリンク

このページのTOPへ