×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

参詣 と 参拝 の違い

参詣と参拝の意味を広辞苑で調べてみると、次のように書いてある。
参拝:社寺に参って、神仏を拝むこと。
参詣:神仏にお参りに行くこと。

ついでにお参り(御参)も調べると、「神仏を拝みにいくこと。参詣。」と説明されている。
ここから、参詣も参拝も「拝む」という行為が共通している。

一方、参詣と参拝の説明で違っているのは、「社寺に参って」という部分だ。
参拝は、社寺(寺や神社)に行くことが必須であるが、参詣は必須ではないのである。

例えば、道の途中にある、お地蔵さんを拝めば、それは参詣ではあるが、参拝ではないのだろう。
社寺ではないからだ。

神社や寺に行って拝めば、それは参拝でもあり、参詣でもあることになる。

上記は広辞苑の記載だけで確認した、参詣と参拝の違いだ。
神社や寺では、別の見解を持っているかもしれない。

スポンサーリンク

このページのTOPへ