×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

台風 ハリケーン サイクロン の違い

台風もハリケーンもサイクロンも熱帯低気圧だ。
発生する場所によって、名前が違ってくる。

台風

海水温が上昇すると空気中の水蒸気が多くなる。
水蒸気が増え、雲となり空気の流れが渦を巻けば低気圧となる。

熱帯地方で発生する低気圧が、熱帯低気圧だ。
台風は、太平洋北西部で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が秒速17.2メートル以上のものをいう。

ハリケーン

東経180度より東側の北半球、または大西洋上で発生する大型の熱帯低気圧をハリケーンという。

サイクロン

インド洋や南太平洋で発生する熱帯低気圧がサイクロンだ。

スポンサーリンク

このページのTOPへ