×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発電所 と 変電所 の違い

発電所

電気を発生させる施設が発電所だ。

水流を使って発電すれば水力発電所、燃焼を利用して発電するなら火力発電所、核反応による熱で発電するなら原子力発電所だ。

それぞれの発電所では、数1000V(ボルト)〜2万V(ボルト)の電気が作られる。

この電気を各地へ向けて、送電線に乗せて送り出すのだ。

変電所

家庭のコンセントから取り出させる電気は100Vだ。
発電所を2万V(ボルト)で送り出された電気は、途中で電圧を低下され100Vとなって各家庭に届けられる。

途中で、電圧を下げる設備が変電所である。

スポンサーリンク

このページのTOPへ