×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

予防注射 と 予防接種 の違い

予防接種

予防接種とは、病気にならないように、無毒化した病原体を体内に植えつけることをいう。
無毒化した病原体がワクチンだ。

このワクチンにより、体内に免疫ができるので、あとで同じ病原体に感染しても、発症を抑えることができるのである。

予防注射

予防接種には、ワクチンの種類によって様々なタイプがある。
飲むワクチンもあれば、注射で体内に入れるワクチンもある。

ワクチンを注射で接種する場合を、予防注射という。

予防注射は予防接種の一種なのだ。

スポンサーリンク

このページのTOPへ