×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

特別国会 と 臨時国会 の違い

国会は、一年中開かれているのではない。
毎年決まった時期に開かれている。
このような国会を通常国会という。

「通常ではない国会」は、二つある。
それが特別国会と臨時国会だ。

特別と臨時の区別が付きにくい。

国会会期中でないのに、急遽集まらなくてはならない場合の国会は臨時国会である。
本来の会期でないのに臨時に開くので臨時国会なのである。

衆議院には解散がある。
解散すると、総選挙が行われる。
総選挙後に開かれる国会が、特別国会だ。

なぜ特別なのか?
それは、総理大臣を決める国会だからだ。
総理大臣を決めることは、そうめったにあることではない。

それは国会にとって特別なことなのである。
決して臨時に行うのではない。
だから特別国会なのだ。


スポンサードリンク

このページのTOPへ