×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抗生物質 と 薬 の違い

風邪で病院へいくと、医師から「薬と抗生物質を出しておきます」と言われることがある。
出された抗生物質を見ても、一般的な飲み薬のように思えてしまう。
抗生物質は薬ではないのか?

風邪薬は風邪を治す薬ではない。
風邪の症状を抑える薬だ。

咳止めを飲むと咳が治まる。
これは咳が治ったのではなく、咳の症状が抑えられただけだ。

薬の効果が切れるとまた咳がでてしまう。
風邪が治るのは風邪薬の効果ではなく、免疫によるものだ。

これに対し、抗生物質は病気の原因になっている細菌やウイルスを破壊する。
風邪の症状が治まったからといって、抗生物質を止めてしまうのはよくない。
細菌やウイルスを根絶することができなくなり、風邪の症状がぶり返すことがあるからだ。

薬と抗生物質は、対象が違うのである。


スポンサードリンク

このページのTOPへ