×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バター と マーガリン の違い

バターとマーガリンは見ためや、用途がよく似ている。
バターがないときにマーガリンを代用したりもする。

バターとマーガリンは似ていても原料が違う。

バターは牛乳の脂肪分だけから作られるが、マーガリン類はコーン油・大豆油・パーム油等の植物性の脂肪をもとに乳化剤等を加えて作られる。

歴史も違う。
バターの祖先になるような食材は紀元前から知られていた。
一説によると紀元前2000年頃にまでさかのぼるらしい。

一方のマーガリンは1869年に初めて作られた。
当時、バターが高価であり欠乏ぎみであったことから、ナポレオン3世がバターの代用品を募集した。
これに対してフランス人のイポリット・メージュ=ムーリエがマーガリンを考案したのである。

マーガリンの名は脂肪酸の一種であるマルガリン酸に由来する。


スポンサードリンク

このページのTOPへ