×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

囚人 と 受刑者 の違い

受刑者は刑を受けている人、服役している人のことだ。
受刑者は囚人に含まれるが、囚人のすべてが受刑者でない。
未決囚(裁判中・裁判待ち)や死刑囚は、囚人ではるが受刑者ではない。

なお、囚人は通称であって、法令上は被収容者という。

受刑者

懲役刑や禁固刑を受けて刑務所に収容されている人は受刑者だ。
収容されることそのものが刑を受けることなので、受刑者となる。


囚人(被収容者)

未決囚(裁判中・裁判待ち)は刑が確定していないのだから、拘置所に収容されていても刑を受けているわけではない。逃げられないように収容しているのであって、刑の執行ではないのだ。

死刑囚は生命を奪われることによって刑が執行されたことになる。
死刑の執行を待つ間は、収容されていても刑を受けているのではない。

服役囚(受刑者)も囚人に含まれる。

関連ネタ



スポンサードリンク

このページのTOPへ